天然成分へのこだわり

“無添加”表示なのに、無添加じゃない!

”無添加”とは、国が定める「表示指定成分」である102種類の有害化学物質を使っていないというだけ。
他の化学物質が入っていても、”無添加”として表示されます。

「表示指定成分」とは、旧厚生省が定めた、石油合成成分(有害化学物質)で皮膚障害を起こす可能性のある成分の中で
過去にアレルギーや接触刺激、皮膚毒素、発ガン性等の症例から報告されたものを中心に2001年3月までに表示が義務付けられた成分のこと。
現在使われている成分の中で特に高度の有害性が認められているものが記載されるように選ばれています。

しかし「表示指定成分」に指定されていないものは、即毒性がない石油合成成分(有害化学物質)というだけで
安全であるということではありません。

この「表示指定成分」に対する過大解釈が、「表示指定成分」を入れず、他の石油合成成分(有害化学物質)を入れていても「無添加」といして表示され販売されています。

経皮毒の怖さ

日用品に含まれる化学物質が皮膚から浸透し、体内に蓄積して健康被害が出るってこと知っていますか?

「化学物質が含まれているものを使っていても、口に入れてないんだから大丈夫!」と考えていませんか?
化学物質は、口だけでなく、皮膚からも体に入ってしまうのです。

本当の天然成分へのこだわり

日用品などに使われている化学物質の中には、健康に深刻な影響を及ぼすおそれのあるものが多く存在しています。
有害性が疑われても科学的に因果関係が証明されていない限り、法的な措置がとられていないのが現状なんです。
日常生活で知らず知らずのうちに、健康に悪いものを取ってしまっている私たち。

だからこそ

BMRI organic の約束:

  • 天然成分しか使わない
  • 化学合成物質はいっさい使わない
  • 科学的根拠に基づいたものを使用する


商品紹介、購入ページに進むには「詳しい商品説明と購入ページへ」ボタンを選択することで移動いたします。